初登場!?
ラヴニール初登場のBHはスペインの老舗ブランド!!
まだ、国内での知名度はそれほどではありませんが、
創立100年以上の歴史を持つ老舗ブランドです(^^)v

写真のSpheneはシマノ105をメインに組まれた、
アルミフレームの入門ロードレーサー、
初めの一台にピッタリのモデルです。



ホワイト・グリーンのフレームデザインはスッキリ爽やか〜

 

ホワイトタイヤはビットリアのザフィーロ



サドルもホワイト・グリーンにBHのロゴ入り、
フレームとのカラーコーディネートもバッチリ(^_-)-☆

まだ、あまり乗っている人が少ないので、目立つこと間違いなし!?
新ブランドに興味のある方や、これからロードデビューを
考えている方には、相応しいブランドなのではないでしょうか!?

BH/Sphene105:¥150,000+税



 
カテゴリ:フレーム・完成車 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
限定カラー!
コルナゴを語るうえで外すことが出来ないのが、
マスターX−Lightと星形にチューブをつぶしたジルコ加工、
細身なクロモリフレームの剛性を増すために考えられたものですが、
当時、他メーカーのクロモリフレームと比べても、群を抜く”走り”を体感でき、
正にこれがロードレーサー!!!と言った乗り味です。

 

このカラーは日本国内限定販売(20台)のモデルです。

 

コルナゴロゴ入りシートポストとステムも白で統一(^^)v

 

これぞクロモリフレームの神髄!
フォークとラグ、バックステーのメッキが美しい〜



コルナゴクローバーもアートにペイントされ、
見た目の美しさは惚れ惚れとしてしまいますね(^_-)-☆

コルナゴ・マスターX-LIGHT、フレーム価格:¥380,000(税抜)
カテゴリ:フレーム・完成車 | 17:49 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ぶらリング!?
コルナゴと言えば…、
自転車競技に情熱を注ぎ、
築いてきたイタリアンブランドです。

でも、今回紹介するBiscotti(ビスコッティ)は、
フラットバー仕様のシンプルな街乗り自転車!!

ロードレーサは派手な印象が強いコルナゴですが、
これは優しい印象で、のんびりぶらぶら当てもなく走る、
ぶらリング!?する為の、正に大人の自転車です。

 

長く付き合うには、シンプルで主張し過ぎないくらいが、ちょうどいいのです。

 

そこかしこにさり気なく、コルナゴクローバーがあしらわれています(^^)v



バリバリのレーサー色の強かったコルナゴに、こんな優しい自転車が登場するとは…、
これも時代の流れか?いやいや時代がコルナゴを求めているのです!(^^ゞ

Biscotti:¥99,000+税
 
カテゴリ:フレーム・完成車 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コルナゴのディスクロード!
あのコルナゴのディスクロード、
CX-ZERO ALU DISK105が入荷してきましたエクステンション

上位機種のカーボンモデル・CX-ZEROのフレーム形状を、
そのままアルミフレームで再現したフレームは、
強度バランスが高く、軽さと俊敏性を両立させました。




タイヤはコンチネンタル製の25Cで、
乗り心地と快適性がさらにアップDocomo102

ダウンチューブはスクエア断面で、
パワーを受け止めるに十分なボリューム(^^)v



ベントした独特なチェーンステーは、
快適性をもたらす為の形状グッド



シマノ製ディスクブレーキはあらゆる状況下で、
安定したブレーキコントロールができるので、
安心してライドに集中できますね!!



お求めやすいプライスながら、パーツのグレードアップ、
カスタム次第では、更なる軽量化も可能なのです〜ピース

CX-ZERO Alu DISC 105:¥240,000(税抜)
カテゴリ:フレーム・完成車 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
さすがLOOK!
斬新で個性的なデザインの、
LOOK675ライト完成しました(^^)v



フレームに漏れなく付いて来る、
専用ステムとカーボンシートポスト



特徴あるヘッド周りのデザインが秀逸で迫力があります!



機械式と電動式に対応するフレームの、
内臓ケーブルの出口の作りこみもナイス!



シートとチェーンステーの裏側ペイントは、
さり気なく目立つ蛍光イエローが良いですね〜!(^^)!



フラッグシップモデルの795に、ほぼそのまま引き継がれたデザインは、
ロードバイクの近未来を感じさせる、フォルムではないでしょうか!?(^。^)y-.。o○

675のデザインを見ると…、
さすがLOOKと唸らずにはいられないのです!!

 
カテゴリ:フレーム・完成車 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ハイパードライブ!
ドイツのセンチュリオン・ハイパードライブ2000は、
上位モデルと同じ6061バテッドアルミフレーム&カーボンフォークで、
コンポーネントはシマノのティアグラを採用した入門バイクです。



ケーブル類はフレームに内蔵されていて見た目もスッキリ(^^)v
この価格帯にして内蔵仕様とは、驚き!センチュリオンやりますね〜(^^)v

緩やかなアーチ状に曲げられたシートステーは快適性を向上させ、
リアスプロケットはなんと...、最大ギア32T!!
これでどんな激坂も登れるはず!?

 

上下違径のヘッドパイプはハードなブレーキングも、
しっかり確実に受け止めてくれので、安全面に貢献します。

 

そして、目立ち難いボトムブラケット(BB)ですが、
この価格帯にしては珍しい、プレスフィットを採用し、
パワフルなペダリングもしっかり対応します!




この一台があれば、ファンライド、ロングライド、ツーリング、
通勤ライド等々、快適なサイクルライフが楽しめますね(^_-)-☆

スポーツサイクル初心者には、もってこいのロードバイクです!(^^)!

センチェリオン・ハイパードライブ2000:130,000+税
カテゴリ:フレーム・完成車 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
まずはこれで!?
安曇野がサイクリストの天国なのは皆さん周知のことですが、
さすがに冬になるとサイクリストの姿は激減してしまいます。

雪さえ積もらなければロードにも乗れるのですが、
冷たい風を切りながら走るのは、よほどモチベーションが高くない限り、
難しいのが現実…、です。

でも、MTBで山に入れば上りの練習も下りの練習も思いのまま!?
寒い時期にロードではできない、強度の高い走りも出来てしまうのです。
それに、テクニックを高めるには、オフロード走行が一番なんですね〜

そこで、MTBを始めて見ようかな?!と、
思ってるあなたに最適な一台をご紹介します<(_ _)>

MTBがまだ一般的ではなかった80年代初めに、いち早くMTB作りを始めた、
センチュリオン(ドイツ)の入門MTB・バックファイヤープロ600.27です(^^)v



MTBホイールの標準規格になりつつある、27.5インチホイールを採用し、
走破性が高いのが初心者にも嬉しいですね(^_-)-☆



ハンドル幅が広いので、切り返しも楽々〜



コンポはシマノ・デオーレ/SLXを採用し、本格的なオフロード走行もバッチリ(^^♪
寒さに負けない強い身体づくりと、来シーズンのステップアップはこれで決まり〜!!

センチュリオン・バックファイヤープロ600.27:¥130,000+税
カテゴリ:フレーム・完成車 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
初ディスク!
最近注目度アップのディスクブレーキ仕様のロードですが、
ラヴニールでは初となる、ディスクロードBOMA・DR1が完成しました

 

ホイールはBOMAのディスク対応TH-30DW、
もちろんリムはカーボン製で、クリンチャータイヤ対応リムです

 

リアブレーキの台座はチェーンステーに配置され、
ディスクブレーキの強力なパワーをガッチリと受け止めます

 

ハンドルはBOMAのHB-05、リーチ、ドロップ共にコンパクトなので、
小柄なライダーや女性でも握りやすく乗りやすいハンドルです、
ステムもBOMA、もちろんカーボン製


 

シートピラーとボトルケージもカーボン、あっこれもBOMA製…、
そう!ハッキリ言ってBOMAで揃えられるものは、全部揃えました〜

ディスクブレーキの利点は、雨の時もブレーキの制動力が落ちない、
従来のリム制動のブレーキでは、リムがダメージを受け減って行きますが、
ディスクブレーキの場合、リムがダメージを受けないので長持ちする等、
利点が多いので、これからロードディスクが増えていくのは…、
間違いない?でしょうね!
 
カテゴリ:フレーム・完成車 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ナチュラルフィール!
Pennarola=ペンナローラはイタリアのトリノに本拠を構える、
今では少なくなったメイド・イン・イタリーのフレームメーカー。

新モデルのRC-3は、適度に快適で気持ち良く走る!
を売りにする、カーボンモノコックフレームです(^^)v



シートステーの細さは快適性と剛性を兼ね備え、
ブラックとイエローのグラフィックがクールな印象です。



走りのコンセプトはナチュラルフィール「走る・曲がる・止まる」と言う、
ロードレーサーに求められる基本性能のバランスを追求した!とのこと。

国内ではまだ…、ちょっと珍しいブランドなだけに、
人と違う自転車に乗りた〜い!!と言う人には、絶対お勧めですよ〜!(^^)!

乗ればきっと満足いただけるペンナローラ、
性能はおおいしが保証いたしま〜す!!

フレームセット:¥249,000
シマノ105完成車:¥299,900
シマノ・アルテグラ完成車:¥349,000
※税抜金額です。
カテゴリ:フレーム・完成車 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ロードもディスク時代!?
MTBでは当たり前のディスクブレーキですが、
遂にロードにもディスクブレーキの波が押し寄せてきました〜



確かに雨天時にも制動力が落ちず、リムもほとんど傷まない(減らない)等、
プラス面が目立つディスクブレーキですが、では、マイナス面は何でしょうね…、
パッと思いつくのはフロントフォークの重量増くらいか?
でも、ヒルクライムなどに使わなければ、問題にすることでもないですね!

BOMAのD1Rはアウターケーブル内蔵で見た目スッキリ、
マニュアル&電動シフトに対応するのは、もはや当然!?

 

リアのシートステーは滑らかな曲線を用い、振動吸収性を高めています。
ブレーキ台座はチェーンステー側に位置し、ブレーキング時のパワーをガッチリ受け止めます

 

シフトケーブルはBB下側に取り付けられたパイプに沿って簡単に通せます。

 

もちろん電動シフトのケーブルも、フレーム内のホースに沿って通すので、手間いらず!?

タイヤは太めの28Cまで使えるので、ロングライド、ブルべ、
のんびりツーリングまで、幅広く対応するので、ロードの可能性が広がりますね(^^)v

BOMA/D1Rの気になるお値段は…、

¥180,000(税別)なり〜、他メーカーのモデルに比べれば、
格安と言ってもいいのでは…、ないでしょうか!?
カテゴリ:フレーム・完成車 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/16PAGES | >>