ブレーキパッドのお話。
自転車を速く走らせる為に重要なことは?!
と聞かれて、一番に思い浮かぶ答えは…、
普通なら脚力を鍛える等の身体能力を挙げると思いますが…

脚力は当然のこととして、究極の速さを求めるならば…、
ブレーキコントロールのスキルアップが、速さを決めると言っても良いでしょう(^^)v

ブレーキを駆使し上手にスピードコントロールをし、
最小限の減速で滑らかに走る=速さなのです!!

今使っているブレーキパッド(シュー)に、
ご不満やもっと違うフィーリングを求めている方には、
純正品からサードパーティーのものを、試してみることをオススメします!!

今回ご紹介するのは…、
長年に渡りブレーキパッドを専門に手掛けるクールストップです。




シマノ、カンパなどのメーカーに対応するパッドは、
ウエット・オールラウンド・カーボン用など、
あらゆる条件に対応する製品がラインナップしています。


画像はシマノ製のダブルコンパウンド。

おおいしもカンパ用を使っていますが、
ソフトなタッチでコントロール性も良く、
リム面の摩耗や傷みも少ないと思います。

ブレーキパッドは安全のかなめです!!!
減り過ぎたり古くなったものは、コントロール性も劣りますが、
リムの消耗も進みますので、定期的な点検とお早めの交換をお勧めいたしま〜す。


 
カテゴリ:パーツ | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ベストマッチ!
コルナゴの紅白フレームにLOOKの紅白ペダル…

このフレームカラーにはこのペダルしかない!!!
ってくらい見事なコンビネーションですよね〜グッド



愛車のフレームカラーに合わせて、
ペダルもカラーコーディネートするって、
してるようでしてないサイクリストの方、
意外と多いのでは!?

まぁ、それほどペダルのカラーが、
豊富じゃないってことはありますが…、



でも、このペダルとフレームの組み合わせ、
これしかないって程のベストマッチですね(^_-)-☆

ペダルLOOK KEO2 MAX:¥13,500(税抜)
 
カテゴリ:パーツ | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
改めてご紹介します。
先月号のサイスポ・最速店長選手権の記事に紹介された、
愛車LOOK695のハンドルバー、チネリ・ネオモルフェです。

このハンドルを使い始めたのは、ビオモルフェと呼ばれていた、
3T時代からなので、かれこれ10年程になるのかな!?

 

初めてこのハンドルを見た時、何かピンと来るものを感じ使い始めたのですが、
実際に使ってみて…、なるほど!って思いを強く感じたのを覚えています。

それは、なによりも他のハンドルにはないこの形状!

上部両端の湾曲部は膨らみと窪みが設けられ、
楽にしっかりと保持することが出来、上部は手を置き易く平らになっていて、
長時間のライディングでもストレスを軽減してくれます。

 

ドロップ中央部の溝は、ブラケットを握った時に小指が収まる様に、
細部までこだわった結果、考案者のこだわりが見て取れます!

 

そして、バー末端は握りやすいように曲げ加工され、
リラックスできてしかも空気抵抗を軽減する小技が…、にくい!(^^)v

ケーブル類をまとめて収納するトンネルは、
上ハンにグリップポイントを作りだしています。



従来のハンドルを見直し、快適性と安定性を高めたネオモルフェは、
快適に乗ることが結果として速さを生み出す!と、とことん突き詰めて生み出された、
現時点では究極のハンドルなのかもしれませ〜ん(^。^)y-.。o○

パーツに妥協したくない、ロードレースは勿論ロングライドを楽しむ方の、
どちらにもお勧めのハンドル、それがこのネオモルフェなのです。

チネリ・ネモモルフェ:¥35,000(ブラック)¥38,000(ホワイト)+税
カテゴリ:パーツ | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
たまにはMTBも…
そろそろ冬の便りも聞こえ始めましたが…、
冬と言えば?自分にとってはMTBのシーズンです!

ロードの印象が強すぎて、年中ロードばかりに乗っている!?
イメージらしいのですが、こう見えてMTB歴は30年ほどになります(^。^)y-.。o○

まっ、そんなことはさて置いて…、
久しぶりにMTBの油圧ディスクブレーキを組み付けました



マイMTBは、旧式のXTRの油圧ディスクなのですが、
最新のものはずいぶんと進化してますね〜(*_*)



オイルの充填方法も進化していて、
エアー抜きも以前と比べればわりと簡単です(^^)v

それでも、久しぶりにいじった、
油圧ブレーキの取り付けは…、ちょっとちかれたび〜(笑)

でもこれで、勘も戻ったのでバッチリですよ〜!(^^)!

 
カテゴリ:パーツ | 22:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
水平にグッとくる方は…
水平に伸びたステム、ベテランサイクリストなら、
この角度にグッとくる方が多いと思います!

なぜなら…、



一昔前のクロモリロードのステムは、
地面と水平になるものがほとんどだったからですうなずく

でも、単に見た目だけのことではなく、
今でも立派にその使命を果たしているのです。

最近のカーボンフレームはヘッドチューブが長めで、
コンフォートなポジションを出しやすくするものが多く、
ステムも浅い角度の物が主流を占めています。

でもそうなると、レーシーな深めのポジションを出し難い弊害が合ったり...

そんな時、この角度(±17°)のステムなら、
低めのポジションも出しやすく問題なしグッド

ポジションはロードバイクの命!!!

効率よく快適に乗る為には、機材も大事ですが、
それ以上に、身体に会ったポジションが重要ですよ〜(^_-)-☆



 
カテゴリ:パーツ | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
より速く遠くへ!?
自転車のベアリングが占める抵抗は、僅かかもしれませんが、
少しでも回転抵抗を減らして、可能な限りパワーを推進力にしたい…

カンチェラーラーみたいな有り余るパワーの持ち主でも、
非力なパワーしか持ち合わせていない、サンデーオジサンライダー…、(^^ゞ
だったとしても、限られたパワーを効率よく使い、より速く遠くまで走りたい!!

そんなサイクリストの飽くなき願望と探究心!?を叶える、一つの方法が…、
ベアリングの回転抵抗を減らす、セラミックベアリングを使うことです。



超高性能セラミックベアリングシステムを採用した、
スギノのスーパーセラミックBBは、その一つの回答です(^^)v

小型化でより軽量になり、耐久性も抜群!
細身のクロモリフレームにもマッチしますね(^_-)-☆

スギノ・スパーセラミック:¥13,000+税
 
カテゴリ:パーツ | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
56+175=?
来週に迫った大会に備え、着々?と準備をしています!

その1が…



アウターリングを53Tから56Tへ変更

その2が...



クランク長を172.5个ら175个吠儿

56+175=爆走... !となるか…?
さて、効果は如何に?吉と出るか凶と出るか??

このクランクとギアを回し切れる様に、
本番まで最後の悪あがきをしてみます(^_^;)
カテゴリ:パーツ | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2.5mm
愛車LOOK695に付いている、
ZED2クランクのメリットの一つが、
走りに応じて170−172.5−175个3通りに、
クランクの長さを変えられるところグッド

自分の場合、通常172.5个鮖箸辰徳っているのですが…、



来月14日走る予定のレース、
タイムトライアルジャパンに向けて、
175个猟垢気吠儿垢靴討澆泙靴拭

レースまで2週間あるので、この長さに慣れて、
回しきれるように、順応していきたいと思います(^^)v
カテゴリ:パーツ | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
直付け!?
今までパーツで直付けと言えば?
フロントディレーラーが一般的でしたが、
いよいよブレーキアーチも直付けの時代に突入です!?

フロントブレーキはフォークに直付け!



※一般的には直付けではなく、ダイレクトマウントと言ってますm(__)m
リアブレーキはBBとチェーンステーの付け根辺りに直付け!



実はこのタイプのブレーキって、
20数年前のMTBで見られたものと、
ほぼ同じタイプのブレーキですね!

確かに近年のBB大口径化でボリュームが増し、
ここにブレーキを持って来ることは、フレームの剛性バランスや
強度的なことを考えると、理にかなっている訳ですが...、

でも、もし...、

フレームのブレーキ固定ボルトの雌ネジをなめてしまったら…、
それって最悪...、フレームがお釈迦になる可能性があるってこと?!

また一つ、組み付けの時の注意事項が増えましたね...(^_^;)
 
カテゴリ:パーツ | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ミニ!?
小さな子供や小柄なライダーに共通する悩みの種は、
ポジション出しに苦労することが多いことでしょうか!?

特に最近のカーボンフレームは、
ヘッドチューブが大型化+長めに作られてるものが増え、
フレームによっては、ハンドルポジションが出せない様なことも…(-_-;)

そんな悩みを解消してくれる、
小さいけれど心強いアイテムがこれ
ワンバイエスの77ステム(¥5,616、税込)



程よく前傾できる77°と、
50〜130个繁富なサイズ設定が嬉しいですね(^_-)-☆

そして、もう一つのステムが
グランジの66ステム(¥4,104、税込)



より深い前傾が取れる66°と、
50〜120个離汽ぅ裟瀋蠅任后

スポーツサイクル本来の走りを楽しむには、
如何に最適なポジションで乗れているかどうか?!
が、一番のポイントですよ〜

このミニステム…、
小さいながらも、頼りになりますねグッド

あっ、もっと深い前傾が必要な方には、
50°以上の物もありますので...
カテゴリ:パーツ | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/14PAGES | >>