<< 第27回安曇野だより。 | main | CUBE 2017ラインナップ >>
LOOK2017ラインナップ!

 秋は展示会シーズン毎週のようにあちらこちらで開催されています。

とても全てのメーカーは回りきれないので、厳選して紹介したいと思います!

 

先ずは言わずと知れたこのメーカー、LOOKから!!

 

LOOKと言えばカーボンフレームのパイオニアで、

今では当たり前になったクリップレスペダルを開発し、

ベルナール・イノーの5度目のツール・ド・フランス総合優勝に貢献し、

ペダルの常識を覆したことはあまりにも有名な話(^^)v

 

そのLOOKのフレームKG86とペダルPP75を駆り、グレッグ・レモンがアメリカ人として、

初のツール・ド・フランスを制したのが、今から溯ること30年前のこと!!

ツール総合優勝30周年を記念しスペシャルペイントを施した、

アニバーサリーモデルが795エアロライトとライトの2タイプで登場です。

 

 

フレーム価格:795エアロライト30周年記念モデル¥799,800(税抜)

       795ライト30周年記念モデルライト¥699,800(税抜)

 

そして、来シーズンモデルのもう一つの記念モデルが発表されました〜(^^)v

 

 

それがこの写真のモデル「パリ・モデナ」です!!

マセラティ社主催で行われているサイクリングイベント、

パリ・モデナ公式バイクで、マセラティロゴをまとったスペシャルモデルの795ライト、

パリ・モデナ〜これは買いですね!?価格:¥699,800(税抜き)

 

タイムトライアル、トライアスロンの勝負マシーンが796モノブレード、

専用エアロハンドルとZED3クランクを装備し、究極のエアロダイナミクスを追求してます!

 

 

ブレーキと電動ケーブル全てを内蔵

 

 

796モノブレード:¥950,000(税抜)

 

695ライトと695ZR UDは初代695シリーズから、

7年間に渡り改良を重ねられ、熟成されたベンチマークモデルです。

 

 

上質な快適性と抜群の反応性安定性を兼ね備えた、

究極のクライミングレーサでオールラウンダーでもあります!!

695ライト:¥499,800(税抜)

695ZR UD:¥399,800(税抜)

※ZR UDは、ZED2クランクと専用のエアロステムを廃したモデル。

 

675シリーズ(画像無)は、優れた振動吸収性とクライミングを両立した、

エンデュランスバイク!流行の太めのタイヤ(28Cまで)にも対応し、

アルテグラだけだった完成車に105も加わり、よりお求め安くなりました。

 

675ライトUD:アルテグラ完成車¥420,000、105完成車¥349,800、フレームキット¥299,800(税抜)

 

765はLOOKの中ではオーソドックスな形状のコンフォート・エンデュランスモデル

カーボンよりも衝撃吸収に優れるナチュラル・フラックス・ファイバー(麻)を、

フロントフォークとチェーンステーに積層して、剛性を損なることなく快適性を向上させています。

 

 

アルテグラと105を搭載した完成車が嬉しい価格になりました。

 

 

765:アルテグラ完成車¥349,800、105完成車¥260,000、フレームキット¥210,000(税抜)

765HM:アルテグラ完成車¥449,800、フレームキット¥330,000(2017NEWモデル)

765 DISK:アルテグラ完成車¥440,000(2017NEWモデル)

 

そして、暫く国内展開が途絶えていたMTBが復活するのは、嬉しいニュース\(^o^)/

977はハイモジュラス・カーボンを採用した本格派のMTBです。

 

 

シリアスライダー向けの987(27.5)989(29)は受注生産になります。

977 27.5MTB:完成車¥380,000、987,989MTB:フレームキット¥320,000(税抜)

 

トラックレーサーのAL464P,AC364は、

公道でのトレーニングも考慮しブレーキ台座付きです。

 

 

AL464P:プロチーム¥130,000、AC364ヘリテージ¥130,000(税抜)

 

最後にペダルKEO(ロード)とS-TRACK(MTB)は、

ダイレクトで安定感抜群の踏み味は多くのプロチームに採用され、

数多くの勝利に貢献しています🎊

 

 

何時かはLOOK!!と言われて久しい、

憧れのフレームにあなたも乗ってみませんか!?すまいる

カテゴリ:フレーム・完成車 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lavenir-oishi.jugem.jp/trackback/1699
トラックバック