<< 勝手に?!日本縦断、北海道編その2. | main | 勝手に?!日本縦断、北海道編その4, >>
勝手に?!日本縦断、北海道編その3、

Day2:留萌〜稚内 天気:晴れのち曇り霧雨 

走行距離:200辧〜行時間:7h34m

 

留萌を訪れたのは2回目、1回目は第3回TDHの時だから...、27年前!!(;^ω^)

隣街、増毛でプロローグがあり、留萌は第1ステージスタートの街でした。

 

北海道縦断2日目の朝は6時半起床、

昨日は寝ないで函館から留萌まで走ってきたので、疲れが残っているだろうと思ったが、

以外にもスッキリした寝覚め!ホテルの朝ごはんを食べた後、

身支度を済ませ8時に留萌をしゅっぱつ〜

 

晴れて今日も暑くなりそう!?

 

街を抜け留萌川に架かる橋を渡り左折すると、

直ぐに日本海を左手に見ながら、今日のゴール稚内まで続くオロロンラインに出る。

このルートは3回目のTDHのコースそのもの、なんとなく記憶に残る見覚えのある風景、

懐かしいな〜すまいる

 

 

今日はほとんどが海岸線に沿って走ることになるのですが、

北風だとすれば...、ずーーーと向かい風ですね!

 

しかし、幸いにも風は弱く海側からの横風、日差しもあり気持ちよく走っていると...、

大きなアーチ状のモニュメントのある公園が見えてきた、留萌からはまだ、

1時間弱走った(23辧砲世韻世ちょっと寄り道。

 

公園の名は「にしん文化歴史公園」、アーチの右手に立つ銅像は...、

なんと、北海道の名付け親の松浦武四郎さんです!

その事はあとで知りました!!(^_^;)

 

 

道を挟んだ公園の反対側には大きな番屋があります。

 

 

にしん街道の標柱等もあり、

この辺は随分栄えた処だったのだろうと、

頭の中をしばし想像が巡り、八代亜紀の「舟唄」のメロディーが...(^^♪

 

 

さて、寄り道はこの辺にして先を急ぎましょう!

海岸線に沿って走る道は、潮の香や風がとても心地よく、

単調な真っすぐな道も飽きることなく、楽しく走れます(^_-)-☆

 

 

苫前、羽幌、初山別と順調に走り抜けて、

遠別町の標識を過ぎてしばらく行くと、小高い丘の上に塔のある

建物が見えてきました、どうやら道の駅の様です、そろそろお昼時小休止としましょ〜

 

 

とんがり頭の建物はレストランなどがあるようですが、

ここはささっと済ませたいので、駐車場脇のお土産屋などある、

軽食屋さんでかき揚そばを注文して、舌鼓〜、旨い!

走っている時に食べるものは、大概おいしいものだ!?(笑)

 

普段の練習などで補給と言えば、エナジージェルなどの甘いものがメインだが、

ツーリングなどゆるいライドの時は、ちゃんとした食事を摂るのが良いですね〜😋

ここまでの距離92辧∈Fの行程の半分消化です(*^^)v

 

腹ごしらえも済み気分も天気も上々、稚内に向け後半も頑張るとするか!!

遠別町からはアップダウンが続く丘陵地帯、景色はいかにも北海道らしい牧草地が多くなる、

遠くに牛が草を食んでいる姿が見える🐄、長閑だな〜

 

 

程なく天塩町を通過、暫く道なりに進むが海が遠ざかり、

山の中を走っている...、記憶ではオロロンラインは海岸線の筈!?

27年前のレースの時にはなかった、新しく出来たバイパスに入ってしまったようだ...、

スマホで地図を確認してみると、大きく海岸から外れてしまった!!

これは軌道修正しなきゃ!💦

 

そのまま北に進めば稚内までは最短で行けるが、

目的通りオロロンラインに戻ろう!東に進路変更し街を外れると、

サロベツ原野を横断する道に出た!!

 

 

これがあのサロベツ原野か、草原の中を突っ切る道、

雲が低く垂れこめている、何だか別世界に迷い込んだみたい!!!

 

サロベツ原野を快調に駆け抜けると、間もなく海が見え始める、

海に向かって下っていくと、海岸線の道オロロンラインに戻れたほっ

 

 

オロロンラインのサロベツ区間は、別名サロベツ高速ぴのこ:)

と呼ばれているらしく、エンジン付きの乗り物は、かなりの速度で追い越していく、

周りは遮るものがない真っすぐに続く道、そりゃー飛ばしたくなりますよね〜

 

気が付けば!?天塩町を過ぎた辺りからいつの間にか風が変わり、北風に...、

TDHで走った時は北風に加え冷たい雨が降っていたよな!!

と、当時の情景を思い出すと、少しだけ身体に力が漲ってくる...、不思議な感覚だ!

 

あの時のレース展開は...、中盤辺りで10人ほどの逃げが決まり、

終盤にかけて何人かがぽろぽろと脱落、結局5人のゴール勝負になって、

大野選手(ニッポ)が頭を取ったんだっけ!

 

2位は鈴木選手(BS)、3位はわたし、4位は沼田選手(東北学院大学)、

そして5位は当時所属していた、エプソン・ボスコのチームメイトの橋詰選手でした。

 

 

数的には有利だったのに、頭を持って行かれてしまったのは、

当時最強スプリンターだった、大野選手が相手ではしょうがなかった...、

と、当時のことを今頃になって反省してもしょうがないですね!?(;^_^A

 

などと、当時のことを思い出しながら、

同じような向かい風と霧雨の中を稚内に向かってひた走ります。

晴れていれば利尻富士の絶景が見られる筈ですが、残念ながら今日は暑い雲中...、

またのお楽しみってことですね!

 

淡々と海岸線をひた走り暫く行くと、今日の最高地点と思われる?

峠に差し掛かる!これを越えて下れば、いよいよ稚内の街へ入ります!

 

少し濡れた路面に注意しながら、逸る心を抑えながらもけっこうな勢いで下る!

市街地に入り暫く行くと、今日の最終目的地の北防波堤ドームが目に入ってきた!!

それは、当時と変わることのない姿でそこにありました...、当たり前(笑)

 

いや〜、これを見た瞬間...、懐かしさにちょっとだけ涙目になった様な...😢

気のせいですね!?(^_^;)

 

 

稚内はすっかり霧に包まれ、

気温もぐんと下がって肌寒さを感じるくらい、

さすが最北の街です。

 

直ぐにドーム近くに宿を確保できたので、

後は今日消費した分の栄養補給するだけ!

 

 

最北の街らしい海の幸と、

稚内限定酒・男山最北航路で、

ひとり寿司を頂いたのでした〜(笑)

 

寿司屋を出た後、ひとり二次会に行ったのは内緒です...

明日は最終目的地の宗谷岬まで、稚内からは30卍です(^_-)-☆

 

カテゴリ:日記 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lavenir-oishi.jugem.jp/trackback/1697
トラックバック