<< 念願の!?王滝参戦記、準備編。 | main | 念願の!?王滝参戦記、レース編 >>
念願の!?王滝参戦記、レース編
前日に受付を済ませ、ミーティングを兼ねたパーティーに出席し、
コースの注意点等の情報を仕入れる、他にもFB友を通じてアドバイスをしてもらったりと、
最低限のイメージは何とか、ぼんやりとは掴めたかな?!💦



友達...、少ないのでありがたい...(^^ゞ

日も暮れてきたので会場から十数キロ離れた、
今夜の宿泊場所と決めた、道の駅三岳に向かう。

王滝へはお店のある安曇野から2時間ほどの距離、一旦帰って出直そうか!?
とも思ったが、そうするにはスタート時間が早すぎて(6時)、ちょっと中途半端...、
ということで、人生初!!の車中泊となりました。



これが意外と快適で楽しいことが判明!!(笑)
夜空にぽっかり浮かんだお月様が、幻想的でちょー綺麗月

そして迎えた大会当日の朝...、
というか深夜2時半に起床(´Д⊂ヽ
予想に反してかなり爽やかに目覚めることができたウインク

前日に仕入れたコンビニおにぎり1ヶとサンドイッチ、
大福、自販機のホットコーヒーで軽く食事を済ませる😋

朝の儀式!?軽量化も無事に済ませ、3時15分に会場の松原スポーツ公園に向かう、
駐車場には既にかなりの数の車、車中泊している人たちも結構いるようだ。

天気は快晴、放射冷却で気温は6℃...、さむ!
じっとしていると寒くて体が震えてくる寒い

4時半からバイクの整列が始まるので、
10分前くらいにスタートゲートに行ってみたが、
既にスタート位置を確保するバトル?が始まっている!(;'∀')



ただ、そこは伊達に自転車競技を長くやって来たわけじゃないので、
ちょっと頭を使い要領よく先頭から30mほどのところに確保(^_^)v



まだ、スタートまで1時間半あるので、いったん車に戻り、
FBに投稿したりしながら時間をつぶす、一時間前になって体を温めようと軽いジョッグ開始!
バイクを一台しか持ってきてなかったので、ランしか方法がなかった...汗

そして、30分前にウォーミングアップ効果を高め血流を促進する、
自転車選手御用達ドイツ伝統のスポーツマッスルケア、Sixtusの
スタートオイルとウォームプラスを擦り込み、スタンバイ完了〜



イメージしたレースプランは...、スタートから暫くは周りの流れに逆らわず、
ある程度追い込み、今日のコンディションを確認しつつ、中盤は脚力の揃った集団で、
(集団があれば...)無理せずレースをこなし、後半になって余力があったなら?!
ペースアップして、5時間30分〜6時間以内でゴールする!です。

スタート10分前にスタートラインに着いて、
静かにその時を待つ、御嶽神社の神主さんがレースの安全を祈願しお祓いをし、
参加者全員で御嶽山に祈りを捧げる、心の中で一昨年の噴火で犠牲になった方達のご冥福を祈り、
いよいよ100km先のフィニッシュへ向かう、長く厳しい道のりへのカウントダウンが...、

レースは去年の店長選手権以来、
MTBに関していうなら...、20数年ぶりか!?
程よく集中力も高まり戦闘モードへスイッチオン
6時ジャストにローリングスタートでレースが始まった。

レース編△愨海。

今回の補給食と水分補給はこれ!



スポーツドリンクは、
3アクション・スポーツとエナジーをミックスしたものを、
ノーマルボトルとラージボトル各1、
レース後の回復用に3アクションのマッスル(プロテイン)

他のエネルギー補給は、
梅丹サイクルチャージ5本をフラスクに入れ携帯、
トップ10を1本、パワーバーは2本です。



そして、ドイターのバッグに2ℓの水を携行
これだけあれば、ゴールまでは持ってくれるでしょう!?
カテゴリ:大会・イベント等 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック