<< 第24回安曇野だより。 | main | 念願の!?王滝参戦記、レース編 >>
念願の!?王滝参戦記、準備編。
日時:5月21日(土)受付、22日(日)レース・6時スタート
場所:王滝村 気温:6〜26℃ 天候:晴れ
距離:100km 参加者:約800名
成績:発表前に帰ったため不明 タイム:5h42m(自己計測)

唯一国内で行われるMTBマラソンレースの、
セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝に、
初参戦してきました(^^)v



MTBで100km、冒険心と自転車魂をくすぐられる!?
しかも県内の王滝村で開催される...、

第1回(2001年)が開催された時から、興味があり出てみたいと思っていましたが、
なにせ5月はロードシーズン真っ盛りなわけで、出たいけど出られず...、
がっ、遂に今年ぽっかりと予定が空いている!

と、いうわけで...、
ボスコ時代の後輩、C原くんに唆された?こともあり
急遽、勢いでエントリーしてしまったのでした!💦

いざレースに出るとなると、
今までそう気にならなかったことが、やっぱり気になる〜(笑)
何が気になるのかというと...、

MTB歴は30数年になり、過去にはJシリーズにも参戦した時期もあったのですが、
ここ最近は、もっぱら冬のオフトレがメインで、冬以外に乗ることはほとんど無し、
なのでメインシューズはウインター用のもの…、夏用のシューズもあるにはあるのですが、
如何せん古いしソールがプラ底なので、踏み込むとペダルの存在がわかるほど、たわみが気になる...、

そうなると気になってしょうがない!
ロードで使っているSidiのワイヤーと、同グレードのドラコが気になる!
同じメーカーならサイズや履き心地も分かっているので、新品でも問題は無い筈?
というわけで、即、取り寄せ!

 

それともう一つ気になるのがサドルです。
少々へたっていても、気にせずに乗っていたのですが、
いざレースに出るとなると、どうしてもそれが気になる〜

ということで...、

ロード同じリーガルにするかどうか、迷った末に?賭けに出ることに!
セライタリアの超定番軽量サドル、SLRシリーズのX-クロスをチョイス
ノーマルSLRよりもパッドを厚くし、ケブラーで補強した耐久性の高いMTB用ですピース



王滝対策として準備した装備をざっと紹介すると...、

タイヤは、コンチネンタル・チューブレス(26inch)のクロスキング2.2を前輪に、
後輪には太めのマウンテンキング2.4で、トラクションとクッション性を確保しました!
そしてシーラント剤もいつもより多めに注入(F/50、R/60ml)



サドルバッグはチューブ2本、CO2ボンベ2本、タイヤレバー、
携帯工具が入る大き目のゼファール・アイアンバッグ(0.8l)を選択、




ついでに通常の装備も紹介しておきます(^_-)-☆

ペダルはLOOK、S-TRACK CARBON Ti 大きなクリーと接地面と、
優れた泥はけ性、チタニウムアクスルを採用し耐久性も抜群の軽量ペダルです。

コンポはシマノ・ディオーレXT、
ホイールはシマノMT65とフルクラム・レッドメタル3のミックス、
サスペンションはFOX32フロート、

ボトルケージは振動の激しい悪路でも、
ボトルが脱落し難いエリート・プリアパヴェと、
どこに付けても出し入れしやすいカンニバルです。



とまぁ、こんな感じで初王滝にチャレンジすることと相成りました〜すまいる

レース編に続く。






 
カテゴリ:大会・イベント等 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック