<< 自分流こころ旅の勧め!? | main | 第21回安曇野だより。 >>
気軽に輪行旅、富山往路編。
今回の旅の目的は、
自走で糸魚川から親不知を経由して富山まで行き、
富山在住のサンシンレーシング時代(86,87年)
のチームメイト古本くん推薦の回転ずしを腹いっぱい食べること!
そして、帰りは糸魚川まで走り、糸魚川駅〜穂高まで輪行で帰る!
題して、富山グルメ輪行ツーリングです(^^)v

ロングツーリングで大事なことは、
如何に持ち物を軽量に抑えられるかどうか!?
バックパックの中身は、必要最低限の着替えと、
バックの中に収納できる、専用のチューブ式水筒です。

 

自転車で携行する荷物は、サドル下に軽量輪行バックと、
ボトルケージにはスポーツドリンク(3アクション)入りのボトル、
万が一のアクシデントに備え、携帯工具などを入れるツールケースです。



中身は、スペアチューブ、携帯工具、CO2ボンベ、
タイヤレバーと輪行用のリアエンドプロテクターです。

このところ愚図ついていた天気は、
何とか持ち直し雨の心配はなさそう?!
そんな訳で、輪行旅の始まりは、
余裕をもって8時ジャストに出発〜自転車ぴのこ:)



白馬の山は薄っすらと雪化粧山



小谷〜糸魚川へ抜ける国道148号線は、
トンネルと洞門が続く難所区間。



糸魚川で日本海へ出ると、富山まではあと半分!
そして糸魚川から親不知までは、想像していたよりあっけなく?到着、
ウミガメの親子が迎えてくれました...(笑)



親不知は北アルプスが海に落ち込む場所で、その昔、
ここを通過することは、とても困難で命がけだった場所...(;´Д`)



ウエストンさんの碑がある旧道、
自転車はトンネルを迂回してこちらを通ります。



親不知は北陸道、国道、鉄道の
三本が交わる珍しい?ポイントです!



親不知〜市振の区間は、断崖を縫うようにトンネルと洞門が続く、
アップダウンが連続するコースでしたが、想像していたよりは、
意外とあっけなく通過できてしまったような...




富山県に入ってからは、国道を逸れ海岸線に沿うように走り、
日本海を望みながら気持ちよく走ることが出来ましたすまいる

そうして、順調に富山駅にとうちゃこ〜グッド



富山市には格安で利用できる、
公共のレンタサイクルがあるので、
お気軽に自転車で観光ができます。



富山城は天守閣がないので、
城マニアにはちょっと寂しい!?



お城近くにあるホテルに無事にチェックイン、
愛車もほっと一休み、お疲れさんでした<(_ _)>



天気:晴れのち曇り 
走行時間:5h48m 走行距離:183
コース:お店-大町-白馬-小谷-糸魚川-親不知-黒部-魚津-富山
カテゴリ:日記 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック